東京のシェアハウスは人気です

昨今の若者たちの間では、シェアハウスという居住の方法が人気を集めているようです。そして、やはり、その立地にも東京が一番の人気ではないかと思われます。以前は、一人暮らしをする人が普通であったので、なるべく安い家賃の賃貸アパートなどを借りて、住んでいたケースが多かったです。立地の良い所では、綺麗でなく、古いというアパートが常であったと、思われます。でも、最近では、綺麗な所に住みたいというのは、第一条件になると思われます。そう言う事が要因の一つになり、シェアハウスと言う方法が出来たのではないかと思われます。知らない人たちが、同じ屋根の下に暮らすといった方法ですが、お掃除など、共有スペースの面に関しましては、分担で協力し合う事が義務付けられることになります。でも、一人では無く、仲間がいるというだけで、心強い面もあり助け合う事もあると思われます。

東京のシェアハウスである意味な防犯生活対策も

東京で一人暮らしとなると気にしなければならない1つが防犯対策となります。特に若い女性の1人暮らしは犯罪者に狙われやすく、その対策課題はいくつも抱えなければなりません。そこでこの防犯対策をクリアしやすくさせるための1つの施策として敢えてシェアハウスで暮らすという方法があります。かつてのシェアハウスで暮らす人の目的は家賃を軽減させるでしたが、ここでのメインの目的は同居人を多数にすることで孤独にならず外部の犯罪者から狙われにくくする目的を作らせます。今頃のこのハウスは寝る場所はロック付きの1人個室で、それ以外が共同使用となっています。そしてこのハウスの一部は建物自体が女性専用となってますから男性を気にしないで生活することができるようになっています。もちろん玄関がオートロックは言うまでもないし、今は建物自体も内装も耐震や防火基準を整えた21世紀の現代仕様な建物が増えてて、学校や会社の寮みたいな昔々のイメージはなくなっています。

東京など都市部で増えるシェアハウスの魅力

最近話題になっているシェアハウスという住宅をご存知でしょうか。海外では以前から注目されていましたが、日本ではここ数年東京などの都市部を中心に急激にその数が増えてきました。シェアハウスとは、各自個人の部屋を持ちつつ、キッチンや入浴設備、リビングなどを他の住民と共同で使用する、いわば寮生活のようなイメージです。もちろん、自炊ですし寮母さんもいないので、寮とは違いますが、一人暮らしと違いさまざまな住民の方と触れ合えるという点では少し似ています。シェアハウスには、日本人だけでなく海外の方も入居していたり、学生、社会人など色々な立場の人がいるので、普段の生活では出会わないような人たちとも交流することができます。それも魅力の一つでしょう。交流が盛んなところでは、週末や季節のイベントの時にリビングなどで皆でパーティーをすることもあるようです。