東京で増えつつあるシェアハウス

今、東京のような大都市圏と呼ばれる地域では、一軒の賃貸住宅を利用し、複数の人が共同で生活をする、シェアハウスが人気になっています。そこには、日本人だけでなく、たくさんの外国人も住むようになっています。この共同での暮らし方、欧米等では特別なことではないようです。そんな生活様式が、日本にも持ち込まれて来ました。と言うのも、本来は外国人旅行者が利用する、簡易宿泊所としてのイメージが強かったのですが、いつしか日本人も同居するようになったのでしょう。キッチン・バス・トイレなどは、共用になっています。プライベート空間は、ベッドルームだけと言うパターンが普通と言われます。賃貸料が安いと言うことがメリットの他、荷物が少ないことから簡単に引越しも可能になっているのでしょう。また多くの外国人と接することで、外国語の勉強にもなると言われています。

東京には沢山のシェアハウス

近年、人気のシェアハウスです。海外では、多数の物件があり、シェアハウスは珍しくありませんが、日本でも人気が出てきました。外国人が多く日本に住んでいたり、若者の考え方の変化や東京の地価が高いことから賃貸物件の家賃も高いので、比較的安く家賃設定ができるシェアハウスは人気があります。多数の人と同じ建物に住みますが、部屋はそれぞれあり、トイレとお風呂、キッチン、リビングがシェアするスタイルが多いです。中には、トイレ、お風呂も個室でキッチンとリビングがシェアのタイプもあります。外国人や独身の方、若者、家賃を安く抑えたい方、あちこち色々な場所に住む方など考え方は色々あります。人との関わりが好きな方や気にならない方には、シェアハウスはとても効率良く利用することができます。東京には、沢山のシェアハウスがあります。

今の東京のシェアハウスはかなりオシャレな改善が

東京で一人暮らしをするとなると、どこかの賃貸物件を借りないとなりません。普通は一般的なアパートを借りるわけですが、これらは2年契約で毎月の家賃はこの東京では日本一高くて地域外の人には受け入れがたい現実があります。そこでその家賃を少しでも軽減する1つの対策としてシェアハウスで暮らす人が増えています。このシェアハウスは共同住宅ですが、大昔の60年代や70年代のような相当古いプライバシーのない建物なイメージ、あるいは学校などが運営するプライバシーがなく、まるで軍隊みたいな生活規律が厳しいあの感じのイメージはほとんどありません。内部はおしゃれになってるし、自分の寝るスペースは完全個室になっています。共同使用となってるのはリビングや食卓、調理場や洗濯や風呂など水回りなどです。外部からの侵入に対するオートロックや内部の消火設備などの安全対策も推進されてるなどしています。